【2022年】5G化によりスポーツとデータは融合する

5Gがさらに普及することで、日本の産業はどのように変化していくいのだろうか。

一般的に、下記のようなメリットがあると言われている。

  • 大容量での高速通信が可能
  • 通信の遅延が発生しにくい
  • 多数の端末に同時に接続が可能

この記事では、5Gのテクノロジーを「スポーツ」と掛け合わせて、未来予想をしていこう。

スポンサーリンク

5G化によりスポーツとデータは融合する

5G化によりスポーツとデータは融合する
先ほど述べた、5Gのメリットをおさらいしてみよう。

  • 大容量での高速通信が可能
  • 通信の遅延が発生しにくい
  • 多数の端末に同時に接続が可能

つまり、通信の遅延がなく大規模な通信が可能になるのである。

ではなぜ、5Gとスポーツが関係するのだろうか、これについて解説をしていこう。

昨今、新型コロナウイルスの影響でライブやスポーツ観戦など、制限がかけられている。画面越しに中継などをみるとなると、画質の乱れや遅延などがいまの課題である。

しかし、5G化によりスポーツとデータは融合できるようになるのだ。

【解決したい課題】

多様性のある教育を実現する

5G化によって、動画産業はさらに発展していくだろう。それにより、多様性のある教育の実現を目指すことができるのだ。

2. 【そう思ったきっかけは?】

日経BPの記事に興味深い内容の事例が乗っていた。

あの高速通信網を造り上げたNTTドコモが、カメラから取得したデータを分析して、スポーツに活用する実験をしているということがわかったのだ。

何でも、ドコモがこのプロジェクトに参加したのは高速通信網である5Gの開発に注力しているため、スポーツのデータを収集し分析するソフトウェアを作ろうとしている実例があるからだ。

【何がそうさせているのか?】

この技術は元々、5Gの無線電波を使用してあらゆるカメラから選手を撮影し、5G対応しているカメラを自由に動かして選手を見て貰おうという目的がきっかけだった

しかし、あえて観客側にカメラを操作する権限を与えるのではなく、プレイをしている選手を支える監督側に選手の動きをデータ化した物を送る方が良いのではないかと考え始め、効率よくゲームのプレイを出来るのではないかと言うことから生み出されたと言えるシステムなのだ。

【既存サービス】

総務省では5Gによる遠隔操作に力を入れる事業として、スポーツの遠隔操作と言うプロジェクトも挙げている。

これは、既存のサービスで言えばKDDIによるもの。

スポーツの5Gと言う放送システムがあり、従来では遠隔地で行われているスポーツは動画と音声が送られてくるまで時間が掛かるという問題があった。しかし高速通信網である5Gを利用することで、現地のスポーツをまるで現地にいるかのようにみることができる取り組みをしているのだ。

つまり、従来の放送では通信網が遅く、現地のデータを送信して機器で受信するまでタイムラグがあったわけだ。

それが5G化することにより、問題解決したという事例がある。

【だからこうした方がいいんじゃないか?】

この5G化の流れにおける問題点として、戦略と言う部門に重きを置いて5G化した場合、選手はAIが導き出した結果に沿う形でプレーをする必要がある。

そのため言い方を悪くすると、AIが導き出した結果に添えない選手は優秀ではないとされてしまうのだ。

生中継の試合で、AIが導き出した結果をそのまま鵜呑みにしてしまわないような仕組みが必要であるように感じられる……

また、選手もあくまでAIが導き出した戦略であることを把握してプレーできるかが課題で、試合の際に指令をうまく読み取り、AIの意図する結果に沿うようなプレーをできる判断力が求められるのだ。

【なぜそう考えるのか?】

https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2019/08/21/3971.html" rel="noopener nofollow " target="_blank">KDDIの記事に記載されているデータからでは、IoTデバイスや筋力や体温計などのデバイスから発する情報をもとに体調管理を行うシステムの開発を進めていることがわかる。

しかしこのシステムは、利点としては選手を管理することが可能となるシステムだが、逆を返せば選手は強制的に管理下に入ることになる。

つまり体調管理を強制的にAIが判断することになるので、少なからずストレスを感じる人が一定数いるということだ。

というのも、このシステムは遠隔地での食事管理やケガの傾向から選手のトレーニングなどすべて管理することが可能な反面、強制するシステムとしても機能させることが出来るからである。

強制的に管理されて、ストレスを感じない人はいないだろう。

20XX年、現実とデータが融合する

現実とデータが融合する
2022年、5G化によりスポーツとデータは融合する

ウェアラブルデバイスなどで、体調管理を気軽に行えるようになった。しかし同時に、個人情報がデータとして蓄積されるという面もある。

もちろんセキュリティ面で心配はいらないだろうが、管理社会を嫌う人にとってはあまり受け入れられないかもしれない。

とはいえ5Gによって、身の回りの生活はさらに便利になる。今後の技術発展が楽しみだ…

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事