【2022年】地域自治体が海外人口誘致を積極化させる

日本産業の発達のためにも、地方への人口増加は必要である。

いまの日本の課題として、地方の過疎化が見られる。過疎地域が抱える問題は、例えば下記の通りだろう。

  • 空き家の増加
  • 放棄された耕作地の増加
  • 伝統的な文化や製品が引き継がれない

伝統芸能がなくなるのは、日本人としても避けるべき課題である。

この課題についての解決策としては、【2030年】日本の伝統芸能財は外国人労働者が受け継ぐを参考にしてみてほしい。

今回はさらに、人口問題について未来予想をしていこう。

スポンサーリンク

地域自治体が海外人口誘致を積極化させる

地域自治体が海外人口誘致を積極化させる
過疎化は避けることができないのだろうか?

もし過疎化が避けられないのであれば、過疎化しても快適に暮らせる社会を実現する必要がある。

とはいえ、過疎化を防ぐためにも何かしらの対策は必要だ。

その方法についても、今後策を練っていく必要があるだろう。

【解決したい課題】

過疎化しても快適に暮らせる社会を実現する

  • 国内からの人口誘致
  • 海外からの人口誘致

過疎地域に人口誘致をするとなると、選択肢は上記の2つだろう。

人口誘致ができれば良いのだが、過疎化を免れない場合は、過疎化しても快適に暮らせる社会を実現する必要がある。

【そう思ったきっかけは?】

過疎化の問題に直面していると、解決策はないかと、まさに翻弄する毎日だ。

私自身、人口3万人の小さな地方都市に暮らしており、街の高齢化や過疎化に直面している。過疎化については、深刻に捉えているのだ。

【何がそうさせているのか?】

このような過疎化の現実は、都市集中型の生活が原因となっていると考えられる。

東京、大阪など大都市に人口が集中し、一方で地方の中小都市は特に若者が少なくなっているのである。とはいえ、都心部に産業が集中するのは仕方がないことなのかもしれない……

【既存サービス、取り組みについて】

最近は、多くの都市で、都市からの新しい居住者や転入者を招くようなプログラムを作っている。

それ以外にもいろいろな特典を付けて、新しい人口流入を促進している。

例えば、転入プログフラムで住まいや仕事をつけて、安い生活費などが魅力というようなもの。

【だからこうした方がいいんじゃないか?】

このようなプログラムは、一部の人にはいいのだけど、日本の都会に住んでいる人にとっては、現実的になかなか難しい。

仕事をもっていて、家族がいる。住宅も購入済みの場合が多いだろう。

そのような条件を持つ人にとっては、なかなか選択肢にいれるのが困難ではないだろうか。

では、実際にどのような人に新しい人口となってもらうか。これを考えなければいけないのである。

【なぜそう考えるのか?】

実際的に、地方の都市に転居するのは、下記のような人々だ。

  • 農業をやりたい
  • 地元の産業に興味がある。

このような目的のある人もいないわけではないけれど、こういう移住者は得点をつけてもそれほど多くないと聞いている。

子供がいて、学校へ通っていて転校しなければならない。

教育費などがいるので、仕事を辞めることができない。

退職金が必要なので、仕事を継続する。

というようなことだと、都会からの流入はこれ以上は見込めない。

20XX年、地域自治体による海外人口誘致の積極化

20XX年、地域自治体による海外人口誘致の積極化
そこで、これまで目を付けていなかった層の流入を促進するプログラムが必要になる。

一つ目は、海外からの流入。

外国人の移住者を募り、外国人に観光客を募れるような魅力的な都市を目指す。

あるいは移住してきた人に、外国の文化や言語を教育現場や職場などで指導してもらい、インターナショナルな都市をめざす。

二つ目は、同じく海外の流入を目指すために、観光業プロジェクトを作る。

そこで観光産業を発展させることで、日本からの移住者も増えるということになる。

三つ目は、若い世代をターゲットにしたプロジェクトを作る。

例としては、フリーターやニートなど非正規雇用の労働者を地元の産業に雇用するようなプロジェクトを作る。

このように若い世代の流入は、これまで非婚だった人が、地元で結婚して家族を持てるようになれば、さらに人口を増やす=過疎化の阻止に繋がるのだ。

四つ目は、新規の移住者が望めないならば、短期移住者や体験移住など、地元を知ってもらうようなプログラムもよいだろう。

地元の産業などに一時的に労働者を受け入れたりするようなプログラムを作る。

以上のようなプログラムで過疎化を防ぎ、地方都市の活性化につながるのではないかと考えられる。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事