【2022年】会員登録にはマイナンバーカードが必須となる

あなたは「マイナンバーカード」を持っているだろうか?

身分証明をしても使えるが、他にも下記のようなメリットがあるのだ。

  • 各種行政手続のオンライン申請等
  • マイナンバーを証明する役割
  • 各種民間のオンライン取引等
  • 市区町村や国等が提供するサービスカードの一体化
  • コンビニなどで各種証明書の取得

このように、マイナンバーカードによってさまざまな手続きなどが簡略化できる。

この記事で、マイナンバーカードに関する未来予想をしていこう。

スポンサーリンク

20XX年、マイナンバーカード必須の時代へ

マイナンバーカード必須の時代へ
会員登録にはマイナンバーカードが必須となる

例えば、アプリやサービスの館員登録など、なんでも該当する。サービスを利用するための会員登録には、マイナンバーカードが必須になるのだ。

【そう思ったきっかけは?】

今、マイナンバーカードを作るように、政府が推奨している。

その一例が「マイナポイント」だ。マイナポイントは、日常の決済に利用できるポイントシステムである。

マイナポイントは「キャッシュレス決済の促進」「マイナンバーカードの普及」といった目的のために導入されたため、ポイントの獲得にはマイナンバーカードとキャッシュレス決済の2つがカギとなる。

詳しい使い方については、下記で紹介されている。

マイナンバーカード制度が導入されてしばらく経つが、政府は下記のようにロードマップを設計している。

出典:https://www.cao.go.jp/bangouseido/pdf/roadmap202102.pdf

【そして何が起こりそう?】

ホストクラブやキャバクラ、風俗店などは、マイナンバーを用いた会員制の場となるのではないだろうか。

セキュリティや身分確認が需要となる会員サービスほど、マイナンバーカードが必須となるのだ。

【なぜそう思うの?】

ブームはさったが、今もコロナウイルスの脅威にさらされている。

しかも、感染経路となるのは夜の街が多いと言われている。

そこで考えたのが、ホストクラブやキャバクラ、風俗店といった、いわゆる「夜の街」を代表するものは会員制にすることで、マイナンバーによる個人情報の特定をしやすくするという訳だ。

情報管理は、今の時代ネットで簡単にできる。膨大な個人情報のデータが集まったとしても、問題ないのだ。

このようにマイナンバーカードは、良くも悪くも、管理社会を助長するのもである。

マイナンバーカードによって生まれる縛り

マイナンバーカードによって生まれる縛り
会員登録にマイナンバーカードが必要となる未来は予想できたが、マイナンバーカードを作らない人(もしくは都合によって作れない人)はどうするべきなのだろうか。

現状として、マイナンバーカードの発行はあくまでも任意である。

マイナンバーカードがないために会員登録できない人がいては、世の中のサービス利用者が減ってしまうことは簡単に予想できる。また、それによって起こる経済効果も同様である。

コロナウイルスの影響で、「ワクチンパスポート」という制度も出始めている。

世の中の仕組みを変えなければ、人はますます制限がかかり生きづらくなってしまうだろう……

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事