【2025年】婚前契約書が当たり前になる

1. 【20XX年、未来はこうなる! 】

2025年、婚前契約書が当たり前になる

 

2. 【そう思ったきっかけは?】

総務省の人口統計では、2020年は1000人あたり1.7の離婚率とされる。

また、一年間の結婚数と離婚数を比べるとおよそ4組に1組が離婚していることになるため。

 

3. 【誰がどんなことで困っているの?】

結婚前に契約書、いわゆる婚前契約書を交わす。そこに例えば
下記に違反し、その行為に改善が見られない場合、他方は婚姻の解消を行うことができる。
第1項 金銭の浪費及び金銭管理ができない
第2項 第〇条で挙げた、嫌なことを拒絶するにも関わらず強要する。
第3項 暴力又は恫喝が見られた場合
等、結婚前に契約書でお互いの価値観や、幸せのベクトルを確認する

 

日本は相手への信頼を大事にしているが、結婚後に相手の

①暴力

②借金

➂異常な性格

④子への虐待

などで悩むことが多い。

 

結婚の成約まではお互い気を使った結果、
「結婚という事実と結婚」してきた人が今まで非常に多く、それが転じて多くの不幸を生んでいる。

 

4. 【だからこうした方がいいんじゃないか?】

結婚前に契約書、いわゆる婚前契約書を交わす。そこに例えば

下記に違反し、その行為に改善が見られない場合、他方は婚姻の解消を行うことができる。
第1項 金銭の浪費及び金銭管理ができない
第2項 第〇条で挙げた、嫌なことを拒絶するにも関わらず強要する。
第3項 暴力又は恫喝が見られた場合
等、結婚前に契約書でお互いの価値観や、幸せのベクトルを確認する

 

5. 【なぜそう考えるのか?】

結婚する以上に、離婚する方が大変であり、また文化的に離婚を許さない風潮が見られるが、事前に契約で簡易に解消の権利を留保しておくことで「結婚という事実と結婚」することを抑制し、そこから転じる①暴力②借金➂異常な性格④子への虐待を防ぐことが期待できる。
欧米では割と多い。

 

スポンサーリンク

気付き

・・・

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事