不良少年の決断 第一話

子どもは自由に伸び伸びと育つことを推奨されている。

これは時間的な自由ではなく、思考的な自由なんだと最近感じた。

 

Cは、いわゆる昔ながらのガキ大将というイメージで、

身体が大きく運動神経に優れており、仲間内の先頭で腕組みしているようなタイプだ。

 

「うるさいから殴った、殴ったらおとなしくなった、おれがみんなをまとめた」

なんてことを言ってしまう側面もある。

 

言ってしまえば、彼は素行に難あり、不良に近い存在だ。

でも、そんな彼が五年生の途中から初めてサッカーに触れた。

 

「仲の良い友だちがサッカーをやっているからおれもやりたくなった」

仲間といる時間をもっと増やしたかったのかもしれない。

 

運動能力に優れていたため、サッカーを始めると根本的に身体の強さが光った。

しかし技術的なミスはもとより、判断のミスが目立つ。

 

周りが欲しいタイミングで出せない、出したいタイミングでそこにいない。

一昔前のサッカーであれば体力と根性にモノを言わせて活躍が出来たが、

今はサッカーIQなど、知性の部分が特に求められる。

 

6年生になった。

 

ここからは公式戦すべてが最後の大会になる。

自然と選手もやり切るために妥協を一切しなくなっていった。

居残り練習、自主練習、とにかくプロ意識の高い選手を中心に黙々と練習に打ち込む。

 

時間が経過すると共に、彼の中にはある種、葛藤のようなものが生まれていった。

学校では腕っぷしの強さもあって主役として威張れる。

 

しかし、サッカーになると自分が一番出来ない人間として扱われる。

 

大人になると、それは「立場と役割」という解釈で、

自然と受け入れることが出来るようになっていく。

 

けど、彼はまだ小学生。

相反する環境と状況に対して理解が出来ない。

「何でこうなるんだ?」って、彼からはずいぶん相談を受けた。

 

そのうち、得体の知れない恐怖が嫌で練習もサボるようになった。

自分が威張り続けるためにサッカーを辞めることも考えたようだ。

 

だけど、「サッカーは好きだから」と言って辞めるという選択はしなかった。

 

こういう選手について腐ったみかんと解釈をするコーチもいる。

最後の夏は真剣勝負、戦える選手が一番大切、その他は流れに従え文句は言うな。

 

分かる、とても分かる。

 

選手一人ひとりの成長を大切にしますという建前と、

チームとして勝つからには犠牲は付き物であるという本音。

 

その判断の是非は一言では表せない、色々な想いと解釈がある。

 

そして最後の大会が始まった。

 

つづく

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事