最終兵器と呼ばれた男 第二話

「お世話になりました。移籍します」

 

しばらくして、簡素な連絡がやってきた。
どうしてこうなった。どうしてこうなった。

 

「口ではああ言ってもプレー見たら考えを変えてそのうち出場させたくなるだろう…」
そんな思考が巡ったのではないかなと思う。

 

事実、30以上の幼稚園を持つ強豪クラブチームの中でもその才能は光り輝いたそうで、
瞬く間に傑出した存在感を見せたと聞いている。

 

それから1年が過ぎて、、、
2年が過ぎて、、、
彼は6年生になった。

 

結論、現実はそんなに甘くなかった。
その移籍先のクラブは義理と人情に熱いクラブだった。

 

約束通り、彼は公式戦に一切出場していなかった。

 

練習試合ではスタメン、なぜか公式戦にはいない。
敵チームからはさぞ不思議な存在だっただろうに。

 

彼はその後、ジュニアユースに上がり、実に三年振りに公式戦出場を経験する。。。

 

そんな時、1つの知らせが届いた。

「おい、あの三兄弟の末っ子が幼稚園のサッカーに顔を出し始めたぞ、、、しかも左利きだ」

 

計算からすると、、、そうか、3年の移籍の時だ。
「あの時、すべての布石は打ってあったのか?」
と思ってしまった。

 

長男次男が右利きに対して、末っ子は左利きで足も一番早い。

 

「そいつは生まれた時から上手かったらしいぞ」
「ホントかよ?」

 

見た。マジだった。震えた。

 

さらに驚いたのは、そいつと対等に張り合うライバルがいたという事だ。
学年男女合計40人にも満たない小さな幼稚園で、、、どういうことだ?

 

しかも誕生日まで同じ。

 

いつしかAは〇〇家の最終兵器と呼ばれるようになった。

 

おしまい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事