【2032年】大学図書館の資料がすべて電子書籍化される

1. 【20XX年、未来はこうなる! 】 

2032年、大学図書館の資料がすべて電子書籍化される

 

2. 【そう思ったきっかけは?】

新型コロナの影響で、ほとんどの大学の授業はリモート化している。

大学に足を運ばないので、大学図書館にも学生が来ない。

閑散とした大学図書館。。。これからどうなってしまうの?学生は困ってないの?と考えた。

 

3. 【誰がどんなことで困っているの?】

自宅で授業を受けられるので、大学図書館に行く必要のない学生もいる。

一方では、卒論やレポートのために本を選びたい学生もいる。

しかし、遠方の実家に帰っていたり、コロナの感染をおそれて、図書館に行きたくても行けない学生が大勢いる。

 

4. 【だからこうした方がいいんじゃないか?】

そのような学生に対して、本を郵送したり、家からデータベースにアクセスできるようにしている図書館もある。

しかし、本の郵送料は学生負担であったり、アクセスだけではすべての資料は見られない。

 

至急、図書館にある新旧すべての資料を電子化して、在学生は無料で自由にいつでも、家から見られるようにしてほしい。

大学生は多額の学費を納めているのだから、きちんと学ぶ機会を確保してあげないと!

 

もちろん、紙媒体での本や資料は必要なので、同時に残していくべきだ。

 

5. 【なぜそう考えるのか?】

紙媒体の本のうち、電子書籍化されている割合は徐々に増えている。

出版の数が多ければ電子化する確率が高いし、コミックや、雑誌、学術書の電子化は多い。

電子書籍サービスの会社は増えているので、大学図書館と提携して電子化を進めてほしい。

すでに、印刷会社、書店大手がインターネット上で電子書籍を貸し出す「電子図書館」を目指している。

電子図書館は電子データをやりとりするため、利用者が図書館に出向く必要がなくなる。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41253130U9A210C1MM0000/より

 

スポンサーリンク

気付き

・・・

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事