【2045年】ブロックチェーンにより培養肉が普及する

1. 【解決したい課題】

飢えや栄養不足のない社会を実現する

 

2. 【そう思ったきっかけは?】

近年、技術の向上により「培養肉」の実用化が見えてきたから。

 

3. 【何がそうさせているのか?】

培養肉なんて、普及するわけないと思うだろうか。

近年、動物実験反対など世界的に動物愛護が強く叫ばれるようになった。

そのため、培養肉はまず医療用や実験用での需要が高そうだ。

 

なんせ手術の練習用に、こんにゃく製の疑似臓器が数千円で売れるのだ。

練習キットにしたら2~3万円で飛ぶように売れたというから、より臓器に近いものとして培養肉が採用される日も近いのではないだろうか。

(参考:https://medical-saponet.mynavi.jp/news/001/detail_1512/

 

また、SDGsの観点から、畜産は大量の資源を使ってしまうと批判されている。

ヴィーガンのなかには、肉を避けるため食に相当の費用をかける者も多い。

培養肉のイメージさえ変われば、一定数の支持者はいるかもしれない。

 

一方、今後過疎化する地域のなかで、工場を誘致しようという話になったとき、よりクリーンなイメージの企業を呼び込む必要が出てくる。

そこで、もしかするとあなたの住む町、あるいは地元にも、新たな需要を見込めるビジネスとして、培養肉工場ができるかもしれない。

 

4.【既存サービス、取り組みについて】

現在、JAXAや、東大・早稲田などの大学、その他民間企業などによる産学共同チームが実用化を進めている。

大規模工業地帯には、半導体工場も多いが、景気の波による撤退が早い傾向だ。

 

培養肉は、半導体工場のクリーンルームのような設備が必要だと言う。

もしかすると転用というかたちで意外と早く培養肉工場はできるかもしれない。

(参考:https://mimir-inc.biz/media/expert/meattech202008/

 

おどろおどろしいイメージの培養肉だが、完全なクリーン環境で作られると聞けば安心だ。

しかし、食肉用の培養肉にコンタミ(汚染)が起こったらどうなるのだろうか。

 

もし病原菌が潜んだ場合は、各地へ出荷されて消費者が食べ、症状が出るまで気づかれないかもしれない。

また、人間が製造に関わる以上、培養肉になんらかの操作を加えられないとも言えない。

ワクチンを恐れる人々が次に警戒するのは、培養肉かもしれない。

 

5. 【だからこうした方がいいんじゃないか?】

培養肉をブロックチェーンによる徹底管理下で生産する。

ブロックチェーン技術は、食品の品質管理にも応用できる。

(参考:https://www.fujitsu.com/jp/solutions/industry/contents/trends/07/05/index.html

 

だれがいつ、どのように生産したかが、企業を超えて業界全体で把握できるようになれば、ミスや不正による事故を防ぐことができるはずだ。

ライバル社と情報共有するのは、いまは抵抗感があっても今後はメジャーになる可能性がある。

なぜなら、培養肉に限らず新しいことを受け入れてもらうために、社会に安心を提供するには、業界全体でイメージアップをはからなくてはならないからだ。

 

どんなに一社が頑張ったところで、ほかの一社による事故ですぐに培養肉は下火になってしまうだろう。

現在も、野菜や肉、魚などで生産者の情報開示がされているように、スーパーで気軽に生産状況を確認できるようなシステムをつくることが大切ではないだろうか。

 

6. 【なぜそう考えるのか?】

培養肉は、さまざまな問題を解決する可能性を秘めている。

しかし、普及にはかなりのハードルがあるだろう。

 

医療分野で導入されはじめたとして、食品としても普及しなければ畜産の問題は解決しない。

たんぱく質クライシスが避けられないとすれば、味の落ちる植物肉のほかに食虫なども検討しなくてはならないかもしれない。

そう考えると、培養肉をそろそろ検討してもよいのではないか。

 

7. 【20XX年、未来はこうなる! 】

2045年、ブロックチェーンにより培養肉が普及する

 

スポンサーリンク

気付き

・・・

 

【ご紹介する企業】・・・

事業概要

・・・

 

ご紹介した理由

・・・

 

(仮)営業企画シート

画像・・・

A

B

C

 

ディスカッションしたり、一緒に何か展開していきたい方は下記のお問い合わせフォームよりご連絡くださいませ!!

お問い合わせフォーム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事