【2050年】人工生命による子どもが誕生する

1. 【解決したい課題】

人身売買のない社会を実現する

 

2. 【そう思ったきっかけは?】

同性カップル、高齢者または生殖機能に障害のある人、シングルの女性、あるいは男性…

このような人々がもし子どもを持ちたいと考えたとき、未来ではどうなっているだろうと思ったから。

 

3. 【何がそうさせているのか?】

社会マイノリティの尊重が、これまで以上に重要視されてきている。

その反動による無理解や反発心を強める人もいるだろうが、もし今後も世の中の流れの方が強ければ、渋々にでも従うことになるだろう。

完全な人工生命の実現は、このマイノリティ尊重と、生命を人の手で生み出すという倫理問題のバランス次第だ。

 

4.【既存サービス、取り組みについて】

子どもを授かれない人には、人工受精や代理出産、または養子縁組などの方法がある。

しかし、多くの人がそれらに誠実に関わっているが、世界的には犯罪のリスクや闇を抱える手段でもある。

(参考:https://www.google.co.jp/amp/s/www.yomiuri.co.jp/national/20210323-OYT1T50310/amp/)

 

これに対して、親になりたい人の幹細胞から精子と卵子をつくり、自己生殖のようにして子どもを誕生させる方法が、理論的には可能となっている。

つまりクローンだ。

(参考:https://www.terumozaidan.or.jp/labo/interview/16/03.html

 

一方、数年前に海外で、遺伝子操作された双子の赤ちゃんの誕生が、激しい批判を受けた。

この騒動により、人が人の生命を操作してはいけないという倫理が、この先もまだ根強いものとしてあり続けるだろうことを感じさせられた。

 

5. 【だからこうした方がいいんじゃないか?】

いずれ直面する人工生命に対する考え方を準備しておく。

ひとつは法整備だ。

 

どこまでが許容範囲でどこからが倫理に反するのか。

誕生した生命の人権はどうなるのか。

国がガイドラインを示すことで、いまは仮想の話でもだんだんと社会の関心が向いてくるだろう。

 

それた同じくらい重要なのが教育だ。

まずは医療従事者の研修から始まり、やがては学校現場でも普通に授業で取り扱われるようにならなければ、誕生した生命はあらゆる不利益を被る危険がある。

 

6. 【なぜそう考えるのか?】

自己生殖のようにして人工的に生命を生み出すことは、技術的にはもう可能な段階にきている。

しかし、倫理の問題の壁が大きい。

 

極端なことを言えば、よちよち歩きの赤ちゃんでも自分の子どもを持てるということで、そうなれば倫理観はめちゃくちゃになる。

また、人工的に生命を生み出す技術を、軍事や犯罪に利用されることを想像すると恐ろしい。

 

まずは法整備や教育を徹底したうえで、限定的な実施をしていくのがいいだろう。

しかし、ここまで登りつめた人間を、バベルの塔を見下ろす神は黙ってみているだろうか。

 

7. 【20XX年、未来はこうなる! 】

2050年、人工生命による子どもが誕生する

 

スポンサーリンク

気付き

・・・

 

【ご紹介する企業】・・・

事業概要

・・・

 

ご紹介した理由

・・・

 

(仮)営業企画シート

画像・・・

A

B

C

 

ディスカッションしたり、一緒に何か展開していきたい方は下記のお問い合わせフォームよりご連絡くださいませ!!

お問い合わせフォーム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事