【2070年】ロボットに対する既成概念が変わり固まる

1. 【解決したい課題】

人間の労働負担がない社会を実現する

 

2. 【そう思ったきっかけは?】

簡単作業だと、ロボットが人間より優れており、ロボットを導入すると、経済状況が改善する。

 

3. 【何がそうさせているのか?】

ロボットは経費がかかるものなので、急速に増えるわけではない。

世界的にロボットが非常に少ないのは現状。

 

4.【既存サービス、取り組みについて】

ある新聞によると、現在、ロボットによる機械化の影響で中国をはじめ、いろいろな国々には厨房で用いられるロボットがある。

 

5. 【だからこうした方がいいんじゃないか?】

ロボットの経費を減らすことでロボットを多量作ることができる。

ロボットを作るにはかかる費用を少なくするには、ロシアから天然資源を借りるのは効果的だ。

 

6. 【なぜそう考えるのか?】

なぜなら、ロボットの最大デメリットが「お金が高すぎる」からだ。

もし安い材料を使えば、ロボットを簡単に作ることができるようになる。

一つの国はそれができないかもしれませんが、ロシアから天然資源を借りることが実現できるのではないだろうか。

 

7. 【20XX年、未来はこうなる! 】

例えば30年後の世界はどうなっているだろうか。

まず頭の中にすぐ浮かぶのは、今の変化が続いているという予想だ。

 

論理的に考えると、今後のロボットによる機械化はさらに進むだろう。

だからといって、どこにでもロボットが見られるようになっているわけではない。

だから、ロボット化によって失業率が進むわけでもない。

 

また、日常生活の細かいところは絶対変わる。

2年前の生活を振り返ってみると、店でカードで払う人が少なかった。

私の覚えている限り、現金で買い物をする人がほとんどだった。

さらに、一年前はカード払うのにピンコード(=暗証番号)を入力する必要があったが、今はカードを機械の上に当てるだけで払えるという仕組みになっている。

 

スポンサーリンク

気付き

・・・

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事