【2038年】たばこ依存のサイクルが終焉を迎える、、、かもしれない

1. 【解決したい課題】

依存症・中毒のない社会を実現する

 

2. 【そう思ったきっかけは?】

どうしてタバコを吸うことで自分に害を与えてしまうのかが理解できない。

自分はタバコを吸ったことがないので、できるだけ助けたいと思う。

私の家族の人の中に、昔は「タバコを吸ってはいけない」と思っていたが、今は毎日吸っている兄がいる。

 

3. 【何がそうさせているのか?】

タバコが有害物質を含んでおり、依存を引き起すという問題がある。

疑問を解決するには、何かを一度だけ経験したほうが良いかもしれないが、タバコの場合、一生タバコを吸うことになる可能性もある。

 

4.【既存サービス、取り組みについて】

喫煙を防止する措置の一つは忠告である。

 

5. 【だからこうした方がいいんじゃないか?】

逆にタバコに「タバコを吸っても大丈夫ですよ」と書きたいと思う。

それは誉め言葉ではない。

あくまで「君がタバコを吸いたいのならばそれでいいよ」というメッセージ。

 

「タバコがダメだよ」という忠告が「禁断の果実」という効果をもたらす。

だから、その効果をさけるべきだ。

 

6. 【なぜそう考えるのか?】

たばこを吸うことは健康を害すると書かれている。

しかし、子供の時から身につき、ありふれた考えになっているため、注意を引くことができない。

このような忠告が重視されても、状況は変化しない。

 

注意書を見れば、たばこを吸わない人は自分の自信を強化するのに対し、喫煙者は自分の誤解が分かるため、ストレスを感じる。

喫煙者は、ストレスを避けるため、たばこを使う。

つまり、喫煙制限の方法としての忠告は無理だというわけである。

 

7. 【20XX年、未来はこうなる! 】

将来、どんな変化が起きるのだろうか。

現在、健康的なライフスタイルが非常に流行っている。

そうすると、これからもその動きがさらに強くなっていく。

 

その意味でタバコを吸う人数も減少すると考える。

 

スポンサーリンク

気付き

・・・

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事